レンジャク





歌舞伎役者が当地にも 巡業にやって来てくれました



b0361508_06050239.jpg





b0361508_06050908.jpg





b0361508_06050547.jpg


鳥友さんから北海道のお土産を孫に頂きました
家に誰もいないときに母親とやって来た孫に
おじさんが・けいと・にくれたよと渡しました
誰にもやらないと言って抱きかかえてしまいしばらく離しませんでした
母親が「ばあばが好きなお菓子だしお世話になっているじゃない」
そのうち包装の中から箱を取り出し
五つ入っているお菓子を順番に指さし
「けいと・ばあば・母さん・父さん・たん」(おじのことを・たん・といいます)
「ジイジのは」?「ジイジのはない」と テーブルの上に
ジイジは食べてはダメと書いて2個置いて自分の家に帰りました
何も事情を知らないばあばが帰って来て それを又何処かに隠してしまいました
おそらく6個あってもジイジにはくれなかったと思われます
こんな事ってあってもいいのでしょうか






ご訪問ありがとうございます

ポチっとクリックお願いします






[PR]
Commented by bluemoon0512 at 2018-03-13 06:11
大変なことです
じいじに食べさせないようにしていますね・・・笑
もしや体を心配してのことでしょうか

娘もお歳暮やお土産などを届けにきて一緒に食べようと
言います。ハウステンボスに行ったときのカステラは二人の孫がおかわりをしたので私達夫婦は一切れだけでした
娘も自宅用に買えばいいものを何故か家で食べればいいと
いう考えの持ち主です。お土産って誰に?
こんなこととがあってもいいのでしょうか^_^;
Commented by 16hayabusa at 2018-03-13 06:54
> bluemoon0512さん
お早うございます。
この話には続きがあります
昨日保育園に迎えに行った時のことです
撮影現場で鳥友さんが 同じお菓子を2個くれました
食べた後の袋を 助手席の床に捨ててあったのを見て
「誰の分を食べた」と大騒ぎしてなかなか車に乗ろうとしませんでした
なんと言うか・・・体を心配しているなんてとんでもないです
ただ食いしんぼうな だけです。
by 16hayabusa | 2018-03-13 05:00 | Comments(2)